<< 水族館でバルーンアート展開催!! | main | バルーンで作ったウェディングブーケ >>

バルーンアートの作り方1

こんにちは。バルバルーン佐藤です。

今回は栃木県のなかがわ水遊園でのバルーンアートで作ったウーパールーパー君達の作り方などをご紹介します。



まずは骨組みえを作ります。素材はアルミの棒で、ホームセンターなどにもありますがかなり高いです。冷や汗

本格的にやるならば、風船の問屋さんなどから仕入れるのが良いでしょう。

このアルミ棒をデザイン画を元に曲げて、結束バンドでつないでいきます。

棒を綺麗に曲げるには、大きな紙や、ブルーシートに曲げたい棒のかたちをあらかじめ描き、それに沿って曲げると間違いがありません。

屋外に展示する場合や人の手に触れる場所での展示の場合は、十分強く作ります。

今回使った棒の太さは、8mm、5弌3个任后B里涼羆部分(柱となる部分にはイレクターパイプを使用しています。

注意点は、骨組みの上にバルーンが付くことを計算して大きさを決める、ということです。

バルーンを付けたらモコモコになっちゃったなんてことにならないように。ムニョムニョ特に首などの形に変化のある部分には気をつけます。




こちらは、なかがわ水遊園のキャラクターなかっぴー&こなっぴーの骨組みにネットをかけた状態のもの。

後の作業を考えると丈夫な園芸用ネットが良いようです。

ネットも結束バンドでとめます。

注意点はピーンと張ること。張りが弱い部分があると、そこに付いたバルーンが安定してくれません。

地道な作業ですがしっかりと張ります。




ウーパーの途中段階。

胴体部分がなくてちょっと不気味モゴモゴバルーンは2個1組でネットの穴を通して規則正しくつけていきます。

最後の方になると隙間がなくなってきて手がヒリヒリになっちゃいます。てれちゃう




なかっぴー&こなっぴーの途中段階。

まだ目がありません。。。

ひれの部分のような特殊な形の場合は、外枠から攻めて行きます。こうすることより思い通りの形が作れます。




なかっぴー&こなっぴーの完成。

目は命なので丁寧に丁寧に描きます。素材は色々試した結果、アクリル絵の具が良いようです。目を描くだけで3時間くらいはかかりました。

ウーパールーパーの素材
顔、胴体部分 13cm、9cmデコバルーン 桜色 計400個 
えらの部分  18cm、13cm、9cmデコバルーン 透明ピンク 計150個
目の部分   13cmデコバルーン 黒 計2個
口の部分   赤のエアホースの中にアルミ棒。

なかっぴー&こなっぴーの素材 
胴体部分   13cmデコバルーン パール緑 計200個 
ひれの部分  13cm、9cmデコバルーン 薄緑 計450個
目の部分   38cmデコバルーン 白 計2個
口、ひれの線の部分 黒のエアホースの中にアルミ棒。

一言にバルーンアートといっても、いろいろな種類があります。大きく分けるのならば、

1,主にゴム製の丸型風船とマジックバルーンを組み合わせて表現する方法。

私が勝手に心の師匠と仰ぐ家泉あずささん、キャラクターバルーンのスペシャリスト野村昌子さんなどが素敵だなと思います。

メリットは、ゴムなので工夫次第でいろいろな形を表現できる、色や形のバリエーションが豊富。

デメリットは、長期のディスプレイ、屋外でのディスプレイに向かない。ということでしょうか。


2,デコバルーンという塩化ビニール製で出来たバルーン(ビーチボールのようなもの。)とアルミの棒で作った骨組みなどを組み合わせて表現する方法。

私の好きなアーティストさんは熊本のミリオンプランニング宮崎 靖浩さんです。

デコバルーンを使った装飾のメリットは、とにかく丈夫で長期のディスプレイ向き、バルバルーンでは3日以上の展示の場合はこちらをオススメしています。

室内なら2ヶ月くらいは綺麗な状態を保てます。

屋外にも強く骨組みさえしっかり作れば問題ありません。

デメリットとしては、ゴム製のバルーンに比べると割高。

丸型のバルーンしかないので(ハート型も少しだけある。)他の素材との組み合わせが必要な場合がある。


3,ウェディング会場のメインテーブルや会場のあらゆる空間をデコレーションするバルーンアート。

バルーンはかわいいイメージがあるかと思いますが、アレンジ次第ではクールな大人の空間も作れます。

今後バルーンアートがどんどん認知されていくといいなと思います。


4,パフォーマンスを取り入れたバルーンアート。

最近テレビでもご活躍の風船太郎さんがお気に入りです。

大きな風船の中に体後と入って、今日もどこかでジャンプしているはずです!

風船の可能性を(お笑いの可能性?)突き詰めるかっこいい兄さんです。



私たちバルバルーンは2と3をメインに活動しています。

私佐藤はに2の長期のバルーン装飾を日々研究してきました。

過去にはもちろん失敗もありましたが、今では自信を持ってオススメできます。

ご質問等ございましたら何でも問い合わせてくださいね。ご同業の方もご質問下さい。

一緒にバルーンアートを盛り上げましょう!


バルーンアートを見た人の嬉しそうな笑顔を見れることが一番の喜びです。


送料無料、バルーン電報、バルーンギフトのページはこちらから
お買い得アイテム、アップしています!

http://ballballoon.shop-pro.jp/

送料無料、楽天市場店のバルーン電報はこちらから
http://www.rakuten.co.jp/ballballoon/

バルーンディスプレイ、バルーンウェディングのページはこちらから↓
http://ballballoon.jp/


| バルーンアートの作り方 | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.ballballoon.jp/trackback/758044

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM